雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

3/7

後輩から「大学に受かって東京に行くので今度ご飯行きましょう」という連絡が来て嬉しい。それ以上にもう大学受験から2年経ったことを実感した。2年!早い。自分が高3の時の高1がもう大学生なんて考えられない…大学生活もあと半分。大学院の受験まであと1年半しかない。この2年間で私は何か変わったのだろうか?あと2年、何か変われるのだろうか……

 

受験の時期はやはり誰がどこに行った、という話になる。別に私は学歴厨ではないし誇れる学歴でもなく、受験の話を聞くとトラウマ的なものが甦ったり過度の感情移入をしてしまうのであまり自分からは積極的にそういう話はしないのだが、私の周りの人はそういうのが大好物の人ばかりなので否が応でも色んな情報が入ってくる。受験は10代が最も心を病むイベントだと思う。進学校毒親に特有の「学歴は人間のランク」思想を長年掛けて植え付けられた人間は、その時の結果に固執してしまうので…そして失敗した人はコンプレックスを抱えて意味の無い仮面浪人をしたり自分を僻んだりするし、成功した人はearthの社長みたいに死ぬほどキモいメールを歳下の社員に送り付けることに疑いを持たない怪物になるのだ…地獄ですね

2浪した友達のインスタアカウントが消えていて、きっとそういう事なのだと思った。3回も受験と闘ってきた事が本当に凄い事だし人間としてしっかりしている人なので、私からしたら普通にどこかの大学で頑張ればいいのに、と思うのだが…もう2年の浪人で私大の学費は超えているし、来年からはセンター試験が変わるし、思う所は多々あるのだろう…思い詰めないで欲しい…

最近、高校の頃が懐かしくなる。私はなんだかんだ言いつつ、不登校もしつつではあるが、学校が好きだった。ノスタルジーかもしれないけど、あの頃にやっていたことや出来た友達と話した事が今の自分の全てである気さえする。私があの学校にいて学歴などの目の前の成功失敗に執拗なまでに固執せず、自分の人生について考えたのは友達と「生きるとは…幸せとは…」みたいな陰鬱な話をし続けていたお陰なのだ。もちろん家庭事情があって浪人出来なかったとか特待じゃなきゃ借金が大きくなるとか、そういう妥協はあったにしろ、今割と楽しく大学生活出来てるし、大学でこそ自分の出来ることを頑張ろうと思えている。友達と会えていなかったら学校の流れで、絶対国立旧帝大以上、とりあえず経済学部、みたいな闘いをモチベーションもなくやらされ、受験に落ちて自殺していた気がする…自分で考えて生きれる世界線に立ったのだから喝を入れ直して頑張らなきゃなぁ…

最近勉強もあんまり出来てないし、プログラミングも独学に限界を感じつつあって進んでいない。ダラダラしている。午前中バイトに出て、夜バイトが終わってから安いカフェやミスドに行って、勉強したふりをして、銭湯に寄って寝る、という生活を繰り返している。銭湯に行っているのは、家の給湯システムが壊れて、修理中は不動産の方から銭湯のお金を出してもらえるようになったから。温泉とか元々大好きなのでとても嬉しい。毎回コーヒー牛乳を飲んでしまうので結局出費にはなるのですが……

コーヒー牛乳やらドーナツやらを定期的に摂取しているので少し太った。こういう所から自分の弱い所を叩き潰していこう…

 

 

挫・人間 / 一生のお願い

3/4

友達と挫・人間のインストアライブに行って楽しくお酒を飲んだら気分が良くなって、久しぶりに日記を書きたくなった。今まで日記を書いてなかったのに特に大義名分は無くて、あんまり元気が無かったのといつもと変わりのない日々でしかなかったのと、ハヤテのごとく結界師史上最強の弟子ケンイチをずっと読んでいたからでしかないんです。

私は集中すると他の物事が全然出来なくなるタイプ(所謂ADHD)なので、休みの日に「今サンデーの名作漫画読み放題」なんて情報を見てしまうと朝から晩まで漫画を読んでしまう。この2週間、週6でバイトをして週1の休みは10時に起きて深夜3時まで漫画を読む生活をしていた。ハヤテのごとく全52巻、結界師全35巻、ケンイチは20巻くらいまで読んだ。やばいとは思っているけど全然苦じゃないし「今読まないと無料期間が終わってしまう」という貧乏脳がそうさせるのだ…今コロナウイルスのお陰でサンデーうぇぶりというアプリで読み放題が増えてるので是非読んでください…

 

コロナウイルスがとやかく言われていますね。テレビを付けたりTwitterを開くたびにそんなニュースばかりで嫌になる。もちろん最新の注意を払うべきだけど、そうは言っても我々民間人にできる事は手洗いうがい、マスク、身体を休めるなどのインフルエンザなどに対する対処法でしかないので…アベ政治を許さない!とか買い占めはアホ!とか、そういう自分の力の及ばない範囲への批判は体力の無駄だと思っています。私としては無料で漫画を読めるし研究所の手伝いが休みになるしラッキー!という感じで…まあ思う所は沢山あるけど、世の中の「ガチ」の人達が飽きるほど騒いでる意見の一部でしかないから語るのはよそうと思います。

 

コロナの影響といえば、行きたかったHave a Nice Day!のライブに行けなくなってしまって残念…生でファウストで揺れてみたかった。今日の挫・人間まで無くなってしまったらずっと心のモヤモヤとした暗さは晴れなかった…挫・人間と池袋HMVに感謝。楽しみだったライブがいくつか中止になってしまい、友達との遊びもキャンセルになり、今楽しみなのは給料日位のものになってしまった。2月ほぼ週7で働いていたので20万円位稼ぎました。そのお金で豪遊する予定とかは特に無くて、ただ家賃や携帯代や食費用の貯蓄になるだけなのですが、それでもこんなにバイトで稼いだことがなかったので、給料日に20万が口座に振り込まれるという事実だけで幸せになってしまう…はやく給料日来て欲しい。

 

書きたいこと、思ったより沢山ある。新しい挫・人間のアルバムの事とか、最近読んだ漫画の事とか、バイトの事とか、プログラミングのこととか、先輩の事とか、銭湯にハマったこととか、100日後に死ぬワニのこととか。なんで2週間くらい日記書かなかったんだ……?2週間、早過ぎ…心が暗いと日々が無意味に思えてしまうんですね……久しぶりに友達と話して健常の生活リズムになったら、この2週間であった事とか、割と意味があったなぁなどと思う。意味がない日なんてない、みたいな綺麗なことを言いたい訳では無いのですが…これからちゃんと書こう……(n回目)

 

 

挫・人間 / マジメと云う