雲を掴むような

独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である