雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

5/21

眉村さんのクリアファイルを入手するために荻窪に向かった。荻窪は眉村さんの聖地だし1店舗に30枚しか在庫がないとの事で、バイトに急用が入り遅れるとの旨を告げ、雨に濡れながら1時間弱かけてポプラへ。無くなっていたらどうしようという不安が、いつのまにか今の生活への不満や自分への苛立ちに変わり、なぜこんなことをしてるのだろうという、という気持ちになって今向かっていることを少し後悔したりもした。


到着して辺りを見渡すと、クリアファイルがまだ数枚残っていた。明日には無くなっていただろう。今までの心のモヤモヤが一気に晴れて、どんなにバイト先で上司に注意されてもいいや〜って気持ちになった。

ニコニコでコーヒー二個とクリアファイルを持っていくと、ポプラのお兄さんが「びしょ濡れですね。遠いところから来たんですか?」と聞いてきた。経緯を話したら、「わざわざありがとうございます。そんなにこの方凄いんですか?」と言われたので、キモオタの口調でちちゃんが如何に天才犬で大天使かを伝えたら、「これどうせ捨てちゃうやつだから、この人が大好きなあなたにあげるよ」って言われて、クリアファイルを入れていた箱と店頭ポスターをくれた。

今まで僕は自分の境遇をずっと不幸だ不幸だと思い続けて、周りをどうしようもなく卑屈な目で見ていたのに、この瞬間に全てが報われて、世界一幸運でハッピーな人になった。眉村さんはこんなところまで自分を救ってくれるのか?

 

日常に幸せが転がってるということを教えてくれて、ハッピーにしてくれたポプラのお兄さんと眉村さんに感謝と尊敬を込めて、二度と荻窪に足を向けて寝ない事誓った。

 

眉村ちあき / 大丈夫

 

f:id:GNyabeyabe:20190521173157j:image