雲を掴むような

独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である

6/28

最終兵器彼女が届いた。レンタル落ちだけど全巻900円で買えて満足。f:id:GNyabeyabe:20190628203117j:image

元々読んでたんだけど、やっぱり現物で欲しくなって買ってしまった。なんで元々気分障害持ちなのにこういう鬱漫画ばかり買って読んでしまうのか…読み返してばっちり苦しい気持ちになった。自分の本棚には鬱になってしまうような内容の本ばかりだ。f:id:GNyabeyabe:20190628203352j:image

これは小説の棚。漫画の棚は多いのでまたいつか紹介したい。

こんな本を読んでいるから心が暗くて常に悩んでいるような人間なのか、心が暗くて常に悩んでいるからこんな本を読むのか。ニワトリと卵の哲学みたいなものですね。でもこういう本を1人で読んでいる時が一番孤独を感じずに居られる。息苦しい生きづらい気持ちに触れることで、ひとりで悶々と抱えているこの気持ちと似た気持ちを持っていて、描いてくれる作者達がいる事、この本に共感している読者達がいる事を知れるので。自分は当たり障りのない他人がいる時こそ孤独を感じてしまうので、1人で本を読んで架空の理解者を生み出して安心しています…気持ち悪っ……

 

 

今日も今日とて大学に行って勉強をしたつもりになって来て、その後バイトに行った。最近、自分の人生がこれでいいのか凄く悩んでいる。毎回言ってるけど自分は何者でもない自分になりたい。それなりの人生になって後で後悔したくない。幸せとはなにか、人生とはなにかを毎日毎日考えて、今何が出来るのかずっと考えてる…少なくとも今のダラっとした生活はダメだ。きっと悪い種が芽を出してサヨナラしてしまう…

 

というのも、ずっと自分は心理カウンセラーになりたかったつもりだったけど、どうやらそうでも無いということに最近気づいてしまった。臨床心理の勉強をする度に「俺はこれを勉強してどうしたいんだろう」と考えてしまう。精神医学であったり歴史であったり公認心理士の職責であったり人間の発達であったりコミュニケーションのとり方であったり法律であったりを勉強しているけど、どうやら「本当に心が辛くて苦しい大切な人を救う方法」って教えてくれないらしい。あくまで一般論、統計論的なもの、プロトタイプな精神疾患患者へのプロトタイプな接し方の勉強でしかなくて。でも、それを知ってそれを使って一人一人の人間と接した所で根本的な解決には絶対繋がらないと思う訳です。誰かを本当に救うのはその人の人生経験や愛情から生まれた思想や魂や思いやりだと思うんです。事実俺はカウンセラーには何も救われなかった訳だし。カウンセラーには「お金を貰って契約の中でしか接しては行けない」「寄り添いすぎてはいけない」「個人情報を取得しては行けない」みたいなルールが沢山ある。あくまで仕事としてお金を貰って長く続けていく専門職だから、相手に関わり過ぎると自分に精神的負担が掛かったり、患者に依存されてしまうかららしい。でもそんな心持ちでその人の人生なんて救えなくない?人生を救うなんて物凄いエゴな話だけど、それでも俺は人生に絶望してる人にとことん寄り添って希望を見出してあげたいみたいな気持ちでカウンセラー目指してたから、そういうルールがあるの凄いショックだった。そういう話を教授にしたら、君は臨床心理士には向いてない。いつか必ず辛くなってしまうっていわれた。事実今SNSとかを通じてやってる心理サービスがめちゃめちゃ精神的にキツイ。辛い人の話を聞くと泣きそうになってしまうし、自分も一緒に病んでしまう。本当に大切な人にだったらいくらでも一緒に病んで寄り添ってあげれるけど、仕事としてやってはいけないかもしれないとつくづく思う。第一精神的にめちゃめちゃ辛い人からお金貰いたくないんだよな………根底として商売にならない。

自分といっつも一緒にいる自己中でナルシストな友達が公認心理士を目指してるのが何よりキツイ。こんなに自分勝手で精神を病んだことのなさそうな人間でさえカウンセラーになれちゃうんだって思うと、カウンセラーなんて信用出来ないなって思う。でも教授的には日頃から自分が幸せだと思える人こそカウンセラーに向いてるらしい。海で溺れてる人を救うためには、海に飛び込むんじゃいけない。一緒に溺れる可能性がある。安全な陸地から、浮き輪を投げてあげなきゃならない。らしい。

俺は思いっきり飛び込みたいね…だって溺れてる時に悠々と陸地で浮き輪探してるのとか見たら悲しいじゃないですか。飛び込んで来てくれて、陸地までサポートしながら一緒に泳いで貰った経験は絶対人生の糧になるし今後また溺れる可能性って少なくなると思うんですよね。

思えば自分の人生を救ってくれた親友は一緒に溺れたな…高一までウェイウェイって感じだったのに、溺れてる俺を助けてくれて、その時に一緒に溺れてくれて、今も2人で溺れている。でも2人で励ましあって何とかバタ足して、片方が溺れかけたらちょっと潜って引っ張ってあげて、またバタ足、みたいな。でもそれってめちゃめちゃ素敵だし自分はそうでありたい。それって、例えば心理施設の一室の1時間のカウンセリングで可能なのか?本当に人生を救えるのって、学校の親友とか先生とか親とか憧れの人とか、もっとその人の人生に関わってきた人じゃないのかなって思う。

カウンセラーは話を聞く仕事だと思ってたのに、ちゃんとその人の人生の話を聞けない。じゃあ俺がやりたいのは違う事なのでは…

大学4年間、大学院2年間臨床心理を勉強して、国家資格を取って、そこから新人カウンセラーとして5~10年経験を積む。めちゃめちゃ長い道じゃない?年収めちゃめちゃ低いし。途中で諦めたら資格取れずにアウトだし、先の道もない。今、本当に自分が何をやりたいのか、何が出来るのかを考えなきゃいけないね。少なくとも多分カウンセラーじゃないし、クソみたいなウチの大学でもないなぁ。

正直早く退学したいってずっと思ってる。学力特待の授業料免除がたまたま貰えて、他の奨学金もいっぱい貰えて、臨床心理士の資格を取る道があるから、大学院で学歴ロンダリングすればいいやって気持ちで入ったけど、正直レベルが低すぎる…自分もこの程度の大学生なんだって悲しくなる。なぜなら事実それを否定出来ないので。私大でお金が掛かっても、浪人してでも、他の大学に行ってみたら何か変わったのかなぁ。少なくとも、入学届けの関係で受験出来なかった立教と上智の試験受けてみたかった。

でも、カウンセラーが自分に向いてないって分かった事実、東京は憧れたほどのものでないし大学はクソだっていう事実を知れたので、この2年間は大きかったと思う。大学に入って、東京の国際シェアハウスに住んで、色々人生について考える事が出来たのが大きい。浪人とかしてたら本当にそんなこと考えてられないし、浪人した上で退学とか絶対出来なかったから。それを他の上京大学生の10分の1位の値段で経験出来たのも本当に良かった。地元じゃない場所で一浪して、東京の私大に入った皆さんに比べたら死ぬ程親孝行してるわ。そもそも親から大した援助も貰ってないけど。

あなたが沢山勉強できるように、と、僕に投資して下さったお偉い様方本当にすみません……そのお金は父親のアイコス代になっています。

 

大学で色々見てきて、シェアハウスで色々見てきて、たっぷり考えて、結局今は「中国の大学に入り直す」っていう決断に至ろうとしてる。中国政府の奨学金を使えば、学費等々全額無料、お小遣いあり、家賃等々全額補助で4年間過ごせる。最強じゃない?まあ倍率は高いけど、不可能な選択肢じゃない。リミットは25歳まで。まだ6年もある。若いって最強。日本は新卒に拘るけど、正直自分はどこかのやりたくもない企業の社畜になりたくないので全然構わない。

やりたいことが見つからないならできるだけ自分の能力を上げたいっていうのと、自分の地元が観光地で、中国人観光客がめちゃめちゃ多いというのが主な理由。タダで4年も仕事しないで勉強出来るなんて最高じゃんね。貰える金は全部貰いたい精神。中国語さえできれば、向こうで起業なんて余裕で出来る。

カウンセラーって人の不幸に向き合う仕事で。それがきっと自分には向いてないなら、自分は人の幸せと向き合う仕事をするべきなのかもしれないって思って、それって何かって考えたら、1つ観光業が出てきたんです。うちも観光業だし。家庭にコンプレックスがあって家は嫌いだったけど、地元はそんなに嫌いじゃないみたい。東京に来て、意外と地元好きなんだなって思った。何より、今俺にお金を出してくれる奨学金の中の一つのコンセプトは、「地元と世界を繋ぐ」だし。親の収入に依存しないで自分の能力や思想にお金を出してもらっているんだから、その期待にくらい応えたいなぁ。と思うんです。

あと俺は中国の文化が多分好きだ。日本が嫌いなのかもしれないけど。陰湿でネチネチとして言いたいことを言えない人達といると優しい自分(笑)はすごい疲れてしまう。短期の中国留学をした時、向こうの人たちは言いたいことを言うしやりたいことをやっていて、凄い好感が持てた。ガサツだけど愛がある感じがした。自分が精神をリハビリするには中国に行けばいいかもしれないなぁなんて思ったわけです。

中国留学するお金どうしたの?っていう質問、いい質問ですね。なんと父親との間に金銭消費貸借契約を結んでお金を借りたのです。Wordで文書作ってさ。シェアハウスの外国人に「what are you making?」って聞かれた時に「it's a report of tomorrow's class. hahaha」って泣きそうになりながら言った時の気持ち忘れねぇからな。

f:id:GNyabeyabe:20190628223506j:image

最悪日本政府が死んでも逃げれる場所も作っておきたい。戻ってこない年金なんて払いたくないし首都直下地震南海トラフが同時に来たら日本は終わりですし…オリンピック後の日本経済も不安でしかない。

 

とにかく浪人しないでうちの大学に格安で入った過去も借金して短期留学した過去もイジメもDVも高校のあの日々も、それらから得られた思想も人脈も…自分の過去の経験を全て肯定したい!その為に自分に残された道として出てきた中で、自分の求めてるのが中国留学かな〜って。だから死ぬ気で中国語勉強して、毎年中国政府奨学金に応募しようと思う。で、受かったら即今の大学辞めて中国で勉強しよう。自分は環境が厳しくないと成長出来ないのを知ってる。意識高っ…………キモイ…………

何もしない人間も嫌いですがFacebookにいる学生団体のリーダーみたいなのめちゃめちゃ書いてる人間も嫌い。本当に何がしたいのか考えた上でやってるのか分かんないし、自分が選ばれた人間だと思ってそう。それ俺と一緒か。

何より自分に厳しいねぇ…それで毎回死にそうになってるの分かってるなら辞めればいいのに…

辞めません…辞めれません…自分は特別でありたいし能力があると信じたいし自分の肯定できる自分で居たいんです……その為には自分をとことん追詰める必要があるんです…いつか許してあげられるその日まで、許してあげられる自分になるその日までは頑張らなきゃいけないんです…諦め=死なんです…

毎日逃げちゃダメだって50回くらい言ってから学校とかバイトに行ってる。気分はシンジくん。あれくらいガリガリに痩せた闇のある感じの男になりたい。そしてアスカとレイと共にエヴァ使徒と闘う…エヴァの話をするとオタクだと思われるね。シンジくんがアスカにキスしようとしたあのシーン、アスカがシンジくんにキスしたあのシーンについて誰か8時間くらい語りませんか?

 

めちゃめちゃ長くなった。あと500万字書いても書き足りないからもうやめます。どうせ誰も見てないし。こんな負の気持ちで書いた自己啓発なんて嫌でしょ。自己啓発本は意識の高い人が意識の高い人のために書くものだから。この日記はムキムキのサブカル位矛盾して需要のないものなんだよな。

自分の心の整理のために書いてる。でも心は全く整理されない。後でめちゃめちゃ恥ずかしいと思う。この文はなんの意味のない、もはや負の創造物なんだと思う。

それでも残そうと書いてる理由は原爆ドームが残ってるのと同じ理由かな。そんなわけないね。

f:id:GNyabeyabe:20190628223234j:image

今日のディストピアな夕食。さて、寝れれば寝ようかな。

 

時速36km / 死ななきゃ日々は続く