雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

7/16

ここに来て10代がどうとか20代がどうとかどうでも良くなってきた。大人だどうだなんて関係ないね。一生子供でいたいって言ったりしている時点で大人だよ。子供であることに無意識なうちでしか子供で居られないと思います。

自我が芽生えた時点で大人かと言われれば、20歳を超えた時点で大人かと言われれば、30代でも子供みたいなの居るし…

眉村さんは赤ちゃんだし…尊い

子供大人なんてどうしようもない概念ですね。個人は個人…

 

ずっと親知らずが痛くて今日歯医者に行こうと思っていたけど、よくよく考えたら今日バイトでレッスンがあるから、歯を抜いたあとに運動をすることになってしまいよろしくないので、また後日にすることにした。10代最後の日に親知らずを抜くってなんかいいなって思ってたんだけどな。

 

予定が消えて何するか悩んで、池袋で降りてお昼ご飯を食べて、古本屋によることにした。油そば、大盛も特盛も値段が変わらなかったので特盛を頼んでしまったが、全然余裕で食べてしまった。この後特盛をもう一杯食べられるくらいには余裕がある。無料なら多く食べようとか、腹が満たされるまで食べようとか、そういう精神が良くない。はち切れんばかりに食べたり、全く食べなかったりしているから満腹中枢が壊れてしまっているのかもしれない。

古本屋に行ったけど立っているのに疲れてしまってすぐ出てしまった。地元にあったカフェで座りながら中古本をいくらでも読めるTSUTAYAは最高だったな、と思う。休みの日とか放課後、お金がなかったから自転車でずっとTSUTAYAに通ってた。通いすぎて読みたい本がなくなるくらいに通った。あの経験が良くも悪くも今に根付いてる……

小説や漫画を読むことが趣味であってよかった。他の人の趣味に比べたら圧倒的に金が掛からないし。若いうちに読んでおいてよかったと思える本が沢山ある。今読んでも良さが分からないんだろうなって本も沢山あったけど。

良い本を沢山買っておいて、いつか書斎を作って、そこでニヤニヤと時間を潰すのはひとつの夢ですね…息子が居たら、敢えて鍵は掛けないでおいて、こっそり忍び込まれて書斎の漫画を読まれたい。息子はエロ目的で青年漫画を読みに来るんですけど次第に「これって作品として凄くね…?」って思ってくれてね。色んな漫画を読んで色んな思想に触れて、どんどん卑屈になって…これ自分の話ですね………

完全に小学生の時に父親の漫画を盗み読みして、サラリーマン金太郎島耕作シリーズ、ナニワ金融道ドラゴンヘッド、太郎、愛がゆくとか、そういう作品に触れてたのが完全に今の生に根付いてるな…父にそういう意図があったかと言われればなかったと思うけど。結局父の好きな漫画が自分の趣味に影響を与えているので当たり前は当たり前だけど、父の趣味は中々に良くて病んでいる…まあ上にあげた作品は全員読むべきだと思ってる名作たちだけなのですが。いや、ドラゴンヘッドは病んでるな。

 

本を読む人間は考え込みがちらしい。確かに小説家も漫画家も卑屈な人ばかりだ。だから好きなんだけど…息子に本を読ませるか悩むな。

 

考え込みがちだとは思う。昨日学校の授業でYG式の性格検査をしたら、抑うつ性が20点満点、思考的外交(外交な程非熟考的、非反省的、衝動的)が0点で泣いてしまった。空白の横長な欄があったからそういう無意味な行かと思ったら、思考的外交性の欄だった。総合評価は不安定消極型…そうですか…

大学で一緒にいる集団に見られて「お前は病んでるからなww」って言われた。そろそろ仮面も剥げてきているらしい…この前「22日空いてる?」って聞かれたから「予定見るわー」ってスマホでスケジュールアプリ開いて22日を見たら「心療内科17:00~」って書いてて、それを恐らく見られた。「病んでるw」の人間じゃなくて「病んでいる人間」なのが顕になってきている。その心療内科の事を見られた人しか本当に自分が「病んでいる人間」だと言うことは知らないと信じたい。

 

帰ったらバイトが始まるまでの時間で二十歳の原点を読み返そう。久しぶりに読みたい。

完全に思考がデブなのでしょっぱいもの(油そば)を食べたあとは甘いものが食べたくなる。甘いものを買って本を読みながら食べよ〜と思ってコンビニに寄ったら、牧場ミルクアイスが売ってて、それとなく美味しそうだな〜と思って買ったら牧場ミルクアイス フラッペ だった。全く作り方が分からなくて、とりあえずホットミルクを注いでみたけどよく分からないものが出来上がった。店員さんにフタ取られたのに表面張力が働く位並々にホットミルクが注がれたし、なんか泣きそうになりながら甘い氷の上に並々にホットミルクを注がれたものを抱えてよちよちと家に帰った。ただのぬるいミルクに氷が浮いたものになった。全然美味しくなかった。

なんて自分は弱い人間なんだと辛くなってしまった。あの時店員さんに聞かなかったのも、コンビニのフラッペすら作れないのも、美味しくないのに全部飲み切ったのも、こんな事で辛くなってしまうのも全部悲しい……幸せはぴはぴで甘い物食べながら好きな本を読むつもりだったのに。

 

気を取り直して読書します…こんな10代だったけど、良かったのかな、良いも悪いもないよな、とずっと考え込んでる。もっと怖いのは20代から30代になる時だと思う。悔いのない、なんてものは無いだろうけど自分なりに20代を生きようと思いました。

19年も良く生きて、生かせてもらったと思いました。ありがとうございます。

 

チャットモンチー / 親知らず