雲を掴むような

主に本のことや自己満足の日記を書いています

8/21

朝、夜行バスが難波に着く。早朝の難波には何も無かったので、歩いて西成区へ向かった。

 

今回、自分が大阪から旅を始めようと思ったのは、西成区、それも駅前のあいりん地区のドヤ街で生活してみたいと思ったからだ。

馬鹿にする、というような側面では無くて、今の日本にどんな現実があるのか、しっかりと知りたかったのだ…

 

本当に沢山のホームレスが居た。ホームレスの臭いが充満している。その横を何もなかったように小学生が登校していたりしており、ここで生活を普通にしている人がいるのだという事を知った。f:id:GNyabeyabe:20190821215255j:image

色んなところがボロボロで、ガヤガヤとうるさく、至る所でホームレスがタバコを吸っている。刺青が入った「マジ」の人も中々に居た。治安はめちゃめちゃに悪い。突如アル中のおじいさんに蹴られたり、鳶職に絡まれたりした。まあ日本で一番治安の悪い街ですからね…向こう側からしたら、旅行バッグを背負った大学生が写真を撮ってたら気に食わないよな…

 

60円の缶ジュース、100円のラーメン、などなど、物価は本当に安い。あと中古のエロ本がめちゃめちゃ置いてあった。コミックLOが全て揃っている店があり、感動した。

コミックLO的な性癖は無いが、コミックLOの表紙とキャッチコピーが毎回毎回好きなのだ…

f:id:GNyabeyabe:20190822093836j:image

いいですよね。

 

1回50円の脱衣麻雀ゲーム機など、色んなところに昭和を感じさせるものが点在としている。ここだけ、時代に取り残されてるみたいだった。生活保護脱衣麻雀をしている人達も少なくないのだろう。脱衣麻雀のやり方を教えてくれたりして、本質的にはとても良い人達なんだろうが。何があって、どういう経緯でここに居て、これからどうするつもりなのか、なんて聞けないけど。こういう人達がいる、という現実を知っておかなければならないな、と思った。

 

人生で1番くらいに精神的ショックを受けた事があった。

自分が時間を潰すために歩いていたらレトロな映画館があり、桃色映画を上映してるとのことで面白そうだったから何気なく入ったのだ。

すると、中は異様な数のおじいさんと、ガタイのいい女で埋まっていた。例えようのない異臭がしたのだ。何より、異様な程に暗くて、モヤがかかっていた。

俺は座って休みたかっただけなのだが、どうも様子がおかしかったので、入口付近で待機していた。

目が慣れてきてよく見てみると、至る所でおじいさん達がキスをしていた。ガタイのいい女は全員オカマ(もしくは女装家)だった。

異臭の正体に気づいた。この場所の意図にも気づいた。そこはいわゆる「ハッテン場」だったのだ。

速攻で逃げた。だが、まだ頭からあの嫌な臭いとおじいさん達のキスが離れない。思い出さないようにしても思い出してしまうし、それのせいで嫌な動悸がする。食欲が湧かない。今日は何も食べれなかった。自分は精神医学のゼミの人なので分かるのだが、これは急性パニック障害の症状と合致している…

本当に、最悪の最悪だった。でも、知らないで好奇心で飛び込んだ自分の責任だ。学ぶ事もあった。

無知な自分が好奇心だけでディープな部分に足を突っ込むと、自分が傷をつくのだ。

それを学んだだけ得たものがあったじゃないか、とずっと自分に言い聞かせている。

 

やらずに後悔よりも、やって後悔、ってね……………自分を成長させる1番の材料は好奇心だと、何かに書いてあった。

これから何があろうと、あの時ほど最悪な気持ちになることは無いしあれよりも地獄の場所は現れないだろうから。強くなったと思う。

 

これはLGBTの批判とかじゃなくて、なんと言えばいいのか難しいのだが、あの場所は本当に「異常」だったのだ。なんかネットで調べて貰えれば分かるのですが、あそこは「最悪」らしい。

男に恐怖心を抱いてしまった。風呂とかで嫌な気持ちになる。ここまで女性に抱き締めて貰いたいという気持ちになったのは初めてかもしれない…

 

まあ、とりあえず、切り替えなければ。これから何を見ても綺麗だと思える。絶対に…だから綺麗なものを観よう。

 

大阪でしたかったことがもう1つあった。

ストリップの鑑賞である。

銀杏BOYZの「恋は永遠」のPVを見て前から興味があったのだが、自分の好きな動画配信者が「あれは芸術として美しいので観るべき」という話をしていて、それでどうしても東洋ショー劇場に行きたかったのだ。

東洋ショー劇場はストリップの王道というかめちゃめちゃ有名な場所らしくて、それでいて値段が安いとのこと。20歳になったし、行ってみよう!と思い立って、行った。

 

中はヤバいおじいさん、ヤバいおじさんしかいなかった。30代っぽい人すら居なかったので完全にアウェー。なんであんな若造が来てるんだ…?みたいな視線を送られた。とても辛かった。

まあショーが始まったらどうでも良くなってしまったのですが………

ストリップは芸術だった。初めて「妖艶!」って思った。演者の身体がほんとに鍛錬されていて綺麗。音楽に合わせて踊って少しずつ脱いでいくのだが、一人一人の演技にコンセプトみたいなのがちゃんとあって、普通に感心した。

一番人気のベテランの人(オバサンだった)はインストゥルメンタルのBGMを使っていたのだが、その後にでてきた若い人(22~3歳位?)の人は、音楽に大森靖子を使ったりandropを使ったりしていた。オッサン達は誰も分かって居ないとしても、自分の好きな音楽で演技しよう、と決めて、それでandropを選んでるならめちゃめちゃセンスいいな!と思ってTwitterフォローしてしまった。

なんだかんだで初めて性的な生の裸体を見てしまった。あれが自分の踏み込めるMAXだな、と実感した。風俗は行かないです。

 

女性が女性の魅力を昇華して表現して、それをオッサンが見に来る、ってフェミニストはどういう観点を持つのだろう。

まあ考えるの面倒なのでやめておきます…

刺激が強すぎたのとアウェー感があったのもあり(後で絡まれるのが嫌なのもあり)、3分の2程見た後で退席した。

今日はもうお腹がいっぱいで休みたかった。

 

西成区のドヤに泊まることしにした。1泊1000円である。f:id:GNyabeyabe:20190821223352j:image

刑務所!というくらい殺伐としている。でも大して不潔でもないし、ほんのちょっと小バエが居るくらいで、泊まる分には問題なかった。

トイレ風呂共同。でも風呂は割と綺麗だった。あとシャンプーを貸出してくれたりして割と優しかった。チャリの無料貸し出しとかもやってくれるし、自分が西成区に初めて来た事を話したら、すごい色々店主さんが気を使ってくれた。1000円にしてはとても良い宿だよ。

良いように接すれば良いように接してくれるし、愛想が悪ければ攻撃される、という単純なこと。

中国の西安みたいな所だな〜と思った。

 

例えばここに1ヶ月居ても月3万円位で住める。格安だよね…まあ居たいかどうかは別として。

正直、早く出たい…治安が悪いよ…激甘クソ坊主には耐えられない…

 

今日はめちゃめちゃ色々な経験をした。良くも悪くも。

でも、今何かしらの刺激を得ることは大事だと思う。

明日の目標は、徳島市に行くことだ。明日は徳島市のネカフェで1泊かな。明石海峡大橋、車でしか行けないみたいだからヒッチハイクしなきゃ。一応船でも行けるんだけど、やっぱり明石海峡大橋も鳴門大橋も渡ってみたい…

あと淡路島を巡りたい。こうなると車欲しいな〜…地元の人に助けてもらいてぇ…出会い系アプリをフル活用して地元の人にお世話になろうかな!(マッチングするかは別として…)

 

この旅でコミュ力を付けるというひとつの目標がある。今回会う人は自分がどんな人か知らないし、今後会う機会も何がなければまず無いだろうし。

コミュ力お化けになったつもりで旅をしてみよう!

 

androp / Run