雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

9/25

生活が安定してきて良い。定期的にご飯を炊けているし部屋の片付けも出来ているし、洗濯まで出来てしまう。外食や買い食いもしないし、なんて偉いのだろうか。

やはり大学があったほうが生活リズムが整う。強制力の様なものはあったほうがいい…

 

昨日書いたゼミの子、今日見たらかなりキャピでウェイと話していて「あぁ…」となってしまった。ゼミの人たちが大人しい雰囲気の人たちばかりだから迎合しただけなのかもしれない。どちらがペルソナなのか。少なくとも期待すると自分が損をするだけだと思った。なんと傲慢なことか。

 

ネットを見ると疲れる。今日はネット関係で色々あった。

まずネットの記事タイトルの知識だけに踊らされて意見を垂れ流している人達が嫌だった。ネットは鵜呑みにしちゃダメだ。仮にも国の代表がホントにセクシーで環境問題をどうにかするなんて言う訳ないのに鵜呑みにしてる人達とかがたまたま目に入ってしまって気分が悪くなった。

別に小泉派な訳では無いけど、小泉進次郎を潰そうとするマスメディアの極端な切り取り編集が嫌だな、と思う。そこに政治的な意図や七光りへの嫉妬があるのかは分からない。ともかくそれを鵜呑みにして踊らされてしまっている人達が情けないと思った。

「環境問題の鍵を握るのは若い世代だ。しかし環境問題は面白いものでは無いから、若い世代の関心が薄い。環境問題は若者が動きたくなるような、『fun,cool,or sexy』なものでなくてはならない」という文脈でセクシーは使われてる。若者に関心を持ってもらいたい、という意味での1つの比喩でしかない。この言葉はコスタリカ外交官の言葉を引用したものらしいし。日本ではセクシーという言葉に馴染みが無いから日本語訳すれば『楽しくてカッコよくてセクシー』となりセクシーだけ浮き彫りになってしまうが、海外からすればその概念はまた違うのではないかと思う。

f:id:GNyabeyabe:20190925232359j:image

これも字幕や編集に明らかな悪意がある…本当に言ってしまったとしても、ここを切り取って丁寧に字幕を付ける必要があるのか甚だ疑問。1部を切り取って揚げ足を取ってそこだけ全国に流して、国民の民意を意のままにしようとする存在と、それに踊らされて歓喜してTwitter2chで騒ぐ人達が気持ち悪かった。

七光りどうあれ一生懸命頑張って国のリーダーになったのに何にも勉強しない人や悪意に潰される小泉さん可哀想、と思いました。

 

あと阿部共実さんが初めてツイッターの質問箱を開いたので質問等を見ようと質問箱のURLに飛んだら、以前自分の使っていたアライのアカウントの質問箱がまだ解放されており、そこに嫌がらせや脅迫、自殺をほのめかす内容を含めた40件ほどの質問が送られてきていた。しかも9月中旬くらいまで。アカウントは8月に消しているのに…恐ろしくて具合が悪くなった。

 

まだある。#10年を振り返る というハッシュタグが流行っているらしくよく目にする為、自分がこの10年を振り返ってしまった事も嫌だった。自分のここ10年を考えると、

10歳 ふつう 親は厳しいけど友達と遊んだりして楽しかった

11歳 妹が病気に 父が壊れる DVスタート ついでに母も壊れる

12歳 医者を目指せと言われ勉強軟禁

13歳 卑屈になる いじめを受ける

14歳 完全に精神病

15歳 高校合格 親元離れる 色々しんどくて病む

16歳 色々しんどくて病む

17歳 色々しんどくて病む

18歳 色々しんどくて病む

19歳 上京するも色々しんどくて病む

20歳 色々しんどくて病む

という具合だ。

丁度10年前、小4が俺の精神的な健康のピークだったのか…こんなのあんまりじゃないか…もっとハピハピで生きたいな。

最寄り駅で自殺未遂の人身事故があって、その人よりは自分は幸せなのかもしれないから。

 

ぼくのりりっくのぼうよみ / 朝焼けと熱帯魚