雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

1日の終わりはどこから… 10/13

偏頭痛が酷くここ数日ちゃんと寝れてなかったせいか、起きたら昼を超えていた。

 

びっくりするほどの日差しの暑さで起きた。台風一過とはよく言ったもので、ここ数日の分まで晴れましたと言わんばかりの快晴だった。

 

シャワーを浴びて、少し散歩をした。みんな夏服を着ていたのでまるで夏のようだったのに、日陰は驚くほど涼しくて違和感があった。

 

「いちかめちゃめちゃ心配してたけど全然余裕で良かったね」とラインで大学の人に言われて少し嫌だった。

心配し過ぎくらいが丁度良いし、何より全然余裕じゃない所もあるのだ。そういうニュースを見て胸を痛めないのだろうか。

自分は起きてすぐ見た宮城の川の決壊のニュースや、散歩の時に見つけた野良猫にさえ苦しい気持ちになってしまったのに(この猫昨日どこに居たのだろう、という所から来る不安や申し訳なさ)…

 

やはり自分が一番だし、自分が良ければOKなのだろうか。そういうことを言う自分は偽善者なのだろうか……

 

虹ヶ丘ホログラフの考察、やはりまだ書けない。物語が3周ループすることやバッドエンドとトゥルーエンドへの移行など、頭では分かっているのだが表現が難しい。

きっとそういう時はまだ分かっていないのだ…

おやすみプンプンを最も読み込んだ人間を自称していきたいので、浅野作品はもちろんどんな作品も満足がいく考察が書けるまで頑張りたいなぁ。

 

結局、今日は「これをした!」と大きく言えることのない何でもない日だった。

と思っていたが、今日は初恋の人の誕生日なのだ。まだ覚えている。自分でも恐ろしい。

どこで何をしているのかも分からない。いや、地元の専門学校に居るらしいということは知っているのだが。もう5年は連絡を取っていないし、今全く好意があるわけでは無い。

それでも、小6から中2まで、10/13は特別な日だった訳だ。おめでとうって声をかけれる日だったから。中2の冬にやんわりと振られたので、中3の10/13からは特別では無かったけれど。

 

成人式でちょっと見たい気持ちもあるけど、地元の人達に会いたくない気持ちの方が強い。正確には地元の人間の「性」に触れたくない…

 

ごめん、同窓会には行けません。シンガポールにはいないけどシンプルに嫌だからです…

 

2chでこのフレーズを調べたら「ごめん、同窓会には行けません。今、駿台にいます。」というコメントがあった。2浪してる同級生達、元気かな…本当に凄い事だから頑張って欲しい。馬鹿にしているとかではなくて本当に凄いと思っている。

 

 

今日はこれから全感覚祭。

f:id:GNyabeyabe:20191013214947j:image

とてもたのしみ。観てみたかったバンドばかり。THE NOVEMBERSは一度ライブ行ったことあるけど…

20歳になって良かった。楽しんできます。

 

 

この場合、10/13にあった事に全感覚祭は入るのであろうが、ほとんどは暦の上では10/14な訳だ。

毎日日記を書く人間としては悩みどころである。

 

眠ったら1日が終わりとカウントするのか、am0時で1日は回るのか、日が登ったら1日なのか…

自分は睡眠が下手くそな人間だから1日っていつから始まるのだろう…と考えながら外が明るくなるのを見ていた事が何度もあるので気になってしまう。

 

まあ何でも良いか。

夜の渋谷怖過ぎて泣きそう。楽しんできます。

 

 

GEZAN / DNA