雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

11/15

体調が悪すぎる。

大学でテストを受けた後、その後の授業を切って早めに家に帰ってきた。

精神的にダメになってしまうと全部ダメになる。ご飯を食べる気力も起きないし、電車のホームに立っていると「突き落とされるのではないか」という観念が湧くし、周りの人に笑われているような感覚に陥る…

 

こんな事ではダメだ、せめて健康的なご飯くらい食べようと思って一年ぶりくらいに日高屋に行ってレバニラ炒めを食べた。

レバー、小さい頃は何となく食わず嫌いだったのだが、いつの間にか好きになっている。レバーは身体にいいとおばあちゃんから聞いてから、理論も何も知らずにレバーを盲信している気がする。

何はともあれプラシーボ効果も相まって早く具合が良くなると良いな…

 

今日は今までの反省を活かしてちゃんと薬を飲んで寝る。しかも21時に寝る。なんと健康的か。

小さい頃は21時に寝るなんて当たり前だったのにな…いつから変わっていったのだろう。

そういえば昨日、夜の23時閉店間際までミスドに家族連れがいた。子供は幼稚園くらいだったろうか。

幼稚園児は寝る時間だよ!と思ったが、家族でそういう方針を取っているのなら私は否定できないと思った。人の家のことなんて知ったことではないので…

でもその知ったことではないことは一生抱えて生きていかなければならないものなので、そういう部分に慎重に向き合って欲しいなぁ。

「9時に寝なければいけない」という心の縛りは「教育」によるもので、そのアンチテーゼとして不眠症を無意識に体が選んでいるのだとしたら面白いな…

面白くないな…寝ます…

 

teto / 光る街