雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

11/17

バイト先に新しい人が来て、その歓迎会をバイト終わりに開催することになって、夜の1時くらいまでお酒に付き合わされてしまった。

 

強い、弱いどうこう話ではなくあまりお酒が好きではないので、なぜ「集まる」=「酒」になるのかがイマイチ理解出来ない。

酒を飲んで楽しくなれるのだろうか。お酒でそういう感情を抱いた覚えがない。自分が心に何かしらの壁や見下しを持っているからなのだろうか。楽しくお酒を呑める人とお酒を飲んだ事がないからなのか。

 

お酒を飲まなければ話せない事があるなんて言うけれど、お酒を飲まなければ本音で話せない仲なんてその程度のものだろうと思ってしまう。

自分は1度でも本音で誰かと語り合った事があったろうか…お酒を呑んでから出てくる言葉が本音なのだろうか…

 

記憶を飛ばす程ベロベロに酔ったことないなぁ。別に記憶を飛ばしたくなんてないけれど。

自分は絶対にどこかでストッパーを掛けてるから、今後もきっとベロベロに酔うことなんて無いのだろう。

大脳皮質を麻痺させて脳細胞を殺して、それでやっと人間らしくなるのならそれは間違いだと思う。大脳皮質は進化の過程でホニュウ類がやっと獲得した情動コントロール機能なのだから…

 

お酒を5.6杯呑んだので頭が痛い。関節痛もする。昨日「酔った」という感覚は無かったが、意外と体にダメージが来ている。何よりお酒を飲むと喘息の様な状態になる。元々喘息持ちで、運動部に入って治ったと思っていたのだが、アルコールを少しでも飲むと息が苦しくなる。これが私が酒が嫌いな一番の理由…

 

じゃあ呑まなければいいじゃん、という話なのだが私は八方美人なのでそういうのを断れないのだ。無意識にも意識的にも、周りのペースを見て同じ分酒を飲み、周りの注文した料理と同じかちょっと少ない位の値段の料理を注文し、周り人が食べた量と同じかちょっと少ない量食べ、周りの空気感と同じテンションで話す…

要はあまり良い気分になれる飲み会ではなかった。みんな酔ってわちゃわちゃして、しょうもない下ネタばかり振りまいて、自分もそのノリで爆笑してるフリをして………でも自分はその居酒屋で自分たちがどう周りに写っているかしか気にならなかったから本当に嫌だったよ…

酒癖が悪いと自分で言う人も、お酒をなにかの理由にする人も、心から軽蔑している。そんなつまらない私自身も軽蔑するけど…

 

ファミレスとかでも私は本当の話が出来るから、せめて1500円は超えないようにしようよ。苦学生には3000円すら高い。サイゼリアなら1500円でもビュッフェ出来るよ。

 

酒が無い方が世界は平和だと思った。酒もタバコも覚醒剤大麻も、それに縋らないとダメな人が居て、犯罪というリスクを背負ってでもその欲望に負ける人もいて。

でもやはり根本から幸せになるには何か物に頼ってはダメなんだと思った。その何かが無くなったら、自分も無くなってしまうから…

f:id:GNyabeyabe:20191118113820j:image

ヘルタースケルターを読み直そうと思った。

 

時速36km / 死ななきゃ日々は続く