雲を掴むような

主に本のことや自己満足の日記を書いています

12/12

昨日、徹夜した疲れのままぐっすりと眠れたので朝の5時に起きた。さて、ここからどれだけこのリズムを維持できるか。もうなるべく薬には頼りたくない。

今日授業で、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬睡眠薬は依存をしてしまうという話を聞いて怖くなった。

やはり薬に頼りすぎるのは良くない。本当に最近動悸が多いのだ。友達にいきなり話しかけれれた時や、駅の階段を登る時、寝ようと布団に入ってから、胸がバクバクして息苦しくなる。死ぬのではないかと不安になる。この動悸が薬のせいかと言われればまだ分からないのだが。もしかしたら別の病気に罹っているのかもしれない。ガンとかだろうか。体の至る所の体調があまり良くないし、体には良くない生活をしているので、どこの病気に罹ったといわれても「ああ、そうですか」としか言えない気がする。ただ、やはりまだ20歳だし死にたくはない。

健康診断とか行った方がいいのかなぁ。高いし、面倒だし、多分4月とかになったら大学がやってくれるだろうからいいや。その時手遅れだったらこのブログを見て今日の自分に「なぜ健康診断に行かなかったんだ」と怒るのだろう。未来の私、残念だが、お前はこういう人間だから。死ぬ時は諦めるしかない。一緒に死のう。

 

ゼミの教授と初めて面談をした。教授レベルの臨床心理士精神科医になると本当に話を聞くのが上手い。プロは違うと思った。話すつもりはなかったのに、私のこれまでの話、今の話、これからの話、全部洗いざらい話してしまった。泣きそうになっていた。全てを包み込んでくれて、心がほっこりした。今まで出会ってきたカウンセラーはなんて下手くそだったのだろうと思ったし、カウンセラーという仕事は凄いのだなと思った。先生は私にゼミ長への推薦や、普通の大学生じゃ出来ない心理医療系の大きな施設の手伝いの紹介をしてくれた。お金の面でも、勉強の面でも、困ったことがあれば支えになると言ってくれた。ゼミのグループワークで全く仕事をしない4人を後目に1人で無理してリーダーをやったりしていたのを見ていてくれていたらしい。あなたが頑張っているのを知っている。頑張っている人は支えてあげたいから、その分頑張りなさいと言われた。見てくれてる人は見てくれているのだと、いつかは何かが報われると、そう思った。

まだまだ報われたりない気がするが、そもそも報われる・報われないなんて私のエゴなのだが、それでも今日は嬉しい日だった。

今日も自分は偉い。大丈夫。

 

いつかはきっと報われる
いつでもないいつかを待った
もういつでもいいから決めてよ
そうだよなだから「いつか」か

誰かがきっと見てるから
誰でもない誰かが言った
もうあんたでいいから見ててよ
そうだよなだから「誰か」か

 

ああ、なんかもう恥ずかしい位いける様な気がしてる
ずっと誰にも言わなかったけど今なら言える
明日の朝恥ずかしくなるいつものやつだとしても
ずっと今まで言えなかったけどサビなら言える

前に進め 前に進め 不規則な生活リズムで
ちょっとズレる もっとズレる 明日も早いな
前に進め 前に進め 不規則な生活リズムで
ちょっとズレる もっとズレる 明日も早いな
前に進め

 

クリープハイプ / 二十九、三十

 

https://youtu.be/-GzStwBn1RE