雲を掴むような

二十歳の原点、卒業式まで死にません、八本脚の蝶

12/13

何故か最近あまり元気がないことにふと気づいた。ちょっと日記が暗めだった。具体的に何か辛いことがあった訳ではなかったのだが、やはり気分には波があるらしい。結局生きるとは生理的現象でしかなく、自分の感性も思想もホルモンの分泌量によって変わってしまうのかも知らない………幸せホルモンを動脈に打ち込もうか。

 

大学から帰ってくると繁華街が賑やかで、今日は金曜日だという事に気付いた。そうか、いつのまにか金曜日になってなぁと思った。最近は割と一日一日が濃かったので、1週間を長いと感じなかった。明日も明後日も丸一日バイトなので、1週間がんばったな!という気持ちはしない。程よく休み程よく頑張る、の繰り返し。年末に帰省したら何もやる事がなくなるんだから今のうちに出来ることをしておかなきゃ……

 

明日は新しいバイトの研修日だったので、少し前髪をセルフで切った。気付いたら2ヶ月以上美容院に行っていなかった。どうせならあと3ヶ月くらい伸ばして、渋谷の有名な美容院で白金髪のウルフマッシュにでもしようかな。人生で一回くらいはそんな髪型にしてみたい。髪型に厳しいバイトばかりしてきたから、結局チャレンジできなかった。そのバイトはもう今月いっぱいで辞めるし、もう一つのバイトに長期帰省とか適当なことをいって、春先の1ヶ月くらいだけド派手な髪にして、別人格になって生きてみよう。決めた。早く春にならないかな。ちょっと先の未来にやりたい事を設置すると生きる気力が湧いてくる。いい。そういうことの繰り返しで、きっと生きていくのだ。未来に沢山予定を入れよう。

 

薬を飲んだのにもかかわらず眠れなかったのでTwitterを見ていたら、クリープハイプと54字の物語のコラボをやっていたので、作って遊んでいたら朝日が昇ってしまった。

字数制限のある、言葉も制限がある、という中で文字を動かすのは意外と楽しかった。語感とか、隠喩とか、言葉遊びとか、ストーリーとか色々考えてこの3つを作った。自分的にはかなり満足。もっと褒めて欲しい。

(二十九、三十と二重苦、3時夕飯で韻を踏みつつ、曲のコンセプトや不規則な生活リズム、という所とも掛けてるんです!褒めて!)とか、説明はできないしなぁ(している)。

説明するだけ価値が下がるし分かってくれる人は分かってると思うのだが、伝わらない人も必ず居て。おやすみプンプンみたいに。

 

結局人が作るものなんて、どれだけ作る側が思いを詰め込んでも結局受け手側の評価がその作品の評価なんだと思った。その過程では、「この人は有名だから」とか「バズってるから」なんて安易な評価をされがちだろうし。

有名な人とそうでない人が全く同じ漫画を描いたとして、世間での評価は前者にいいバイアスがかかるのだろう。新人は厳しい世界だ。もちろん有名な人もそこから這い上がった人なのだろうが。

 

もっと沢山の人にブログを読んでもらいたいし、それに値する文を描きたいと思った。とりあえず、今頑張っている同い年くらいの漫画を書いている人や小説を書いている人には、ただいいねだけではなくて「良かったです!」って言ったり、RTしたり、そういうことをして応援をしよう。そういうのが私達の支えになるのだ。そしていつか、みんな夢を叶えていこう。その時は是非対談しましょう。その時が楽しみ。やりたい事、好きなことを仕事にしようと目指して頑張っている人達は大好きだ…

そういう人たちの頑張りを見て私も頑張ろうと思った。

 

Base Ball Bear / senkou_hanabi