雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

12/20

給料が入っていて元気いっぱいになったので定食屋さんで白身魚のフライに甘酢がかかったやつを食べた。短絡的だが、魚を食べる事は私の中では「QOLが高い行為」なのでとても幸福な気分になる。この程度のことで幸福になれるのだから今の自分はまだまだ大丈夫だと思う。

最近は栄養のあるものを食べているからか、薬なしでもしっかり眠れる。食事はやはり大切なんだと気付かされる。口内炎もいつの間にか無くなっていたし。そろそろ自炊なんかももう一度始めなければ。自分がダメになってしまっている時は、人間の三大欲求全てが満たされていない。寝れなくてご飯も食べれなくて孤独、みたいな状態になっている。三大、なんて言うけどこの三つは全部相互関係にあって、全部大丈夫な時は大丈夫だし全部ダメな時はダメなのだ…一つが崩れると全部ダメになる。せめて自分に余裕がある時は自分を満たす努力をしよう……目指せQOLの向上。

 

今日元気だったのはTwitterをあまり見なかったからかもしれない。最近はTwitterに蔓延る伊藤詩織さんの事件に関する投稿(あと100日後に死ぬワニ………色々考えてしまうので見ていられない。)で悲しくて重い気持ちになってしまっている。ワードはミュートしているのだがそれでも色んな情報が入ってきてしまうし、そこから伝播した「男はこう」「女はこう」という概念への批判などはどうしても塞ぎきる事ができない。

真実なんて誰も分からないし完全な正義なんなどこにもないはずなのに、憶測で勝手に人を叩いて、ここぞとばかりに自分の偏見に基づいた男女観などを「正義」の名の下にひけらかして、自己顕示欲を満たして、そんな人たちが戦争をしているの本当にアホらしいと思う。そんな世の中で生きていかなきゃならないのが本当に辛い気がしてしまって涙が出てくる。この件で誰が幸せになっているのだろうか。下世話な週刊誌位じゃないのか…もちろんセカンドレイプに関しての法制度や、より道徳的な男女観を試行錯誤するきっかけになるという観点からは議論すべき問題なのだろうけど。ここまで来たらもう誰も救えない。世の中の人間は皆被害者であり加害者でもある、ということを浮き彫りにして傷を抉っているだけにしか見えない。その加害者になっている事実にだけ目を瞑っているのでは……?

性という概念、面倒過ぎるよ……こういうことを考えていると、自分は本当に一生孤独なのではないかと思う。誰も信用出来なくなってきてしまって、誰かと一緒にいるのが嫌になって今日は何かしら理由をつけて大学でずっと一人でいた。孤独とかはどうでも良くて、今日はそれでとても気持ちが楽だった。自分を守る行為は大切だから、自分が「こうしたい」と思った時はなるべくそれに従って生きていきたい。なるようになるよね。

 

早く地元に帰って安心出来る友達とご飯に行きたいな。

 

ZAZENBOYS / 自問自答