雲を掴むような

二十歳の原点、卒業式まで死にません、八本脚の蝶

1/1

あけましておめでとうございます。ずっとブログ更新出来てなくてごめんなさい。ほんとにこれから毎日更新するので、良かったら今年もお付き合い下さい。ほんとにするので……決意……よろしくお願いします。

 

実家に帰って4日ほど経った。本当は毎日ブログは書いていたのだけれど、自分が家族再構築計画を銘打って頑張ろうとしていたのにも関わらず、実家に安心感を持てずに少し病んでしまったり、父親が期待していたよりも元気が無くて思いやりがなくて という悪い方向に行ってしまって、そんな父親が嫌で、何とかしたいけど何も出来なくてという状態で。毎日夜に日記を書いてみては「自分が帰省してやりたかったことはこんなことじゃない」「昨日から何も進歩していない」なんて思ってしまって、それを投稿するのがとても嫌で、そういう気持ちを「家族再構築計画」の方で書こうと思ったけど気づいたら8000字位だらだらと自分の愚痴を書いただけのものになってしまって、、、、、

そんな感じでブログを更新できず大晦日までの日を過ごしてしまった。

 

でも、どんな日でも嘘偽りなく自分のために書く日記としてこのブログを始めたのだから、投稿するしないなんてプライドは捨てて自分のためにこれからはどんな事でも、何も無いと思った日でもちゃんと「何も無かった」と言えるようにしようと思う。

今年の抱負は、毎日投稿を絶対に欠かさないことにしよう。ずっと続けていれば見てくれる人も増えるだろうし、自分の考えも纏まってくるだろうし、そうしたら何かしらのチャンスが訪れるかもしれない。

私は弱い人間だから、こうして他の誰かに宣言して目を付けてもらう事でしか自分を追い込めないだけなのかもしれないが………

去年の1年で1番変わったこと、やって良かったことは間違いなくこの毎日日記だ。自分の思考を整理できて、吐き出す事も出来て、幸運なことに1日200~300pv位アクセスしてくれて、こんな駄文を褒めてくれて。副産物ではあるが書いたおやすみプンプンの考察文は浅野先生本人に見て貰えたのだ。思い返せばなんていい一年か。明らかに自分にとって大きな1年になった事は間違いない。今年も考え続けて悩み続けていたい。自分の中で納得出来るものや信じれるものが欲しい。そのためにも日記は毎日書こうと思った。1番の抱負。頑張ります。頑張るっておかしいけれど。

 

あと3.4日は実家に居よう。今は家族と向き合いたい。スッキリさせて東京に戻って、大学をやりきろう。それが終われば春休み、そして大学3年生…いつの間にか大学が半分終わってしまう。なんと早いのだろう。毎年毎年、時の移ろいの速さに恐怖を覚える。きっと気づいたら3.4日は過ぎて東京に帰って、気づいたら後期が終わって春休みになって、気付いたら3年生になっている。こうやって変わらないままいつの間にか大人になって、社会人になって、歳をとって死んでいくのかと思うと泣きそうになる。生きるのに真面目すぎるとおもうけど、それでいいじゃないか…いつ死ぬかも分からないし。生きる中での変化を見出していきたいし、一日一日に意味を見出したい…そのためのブログ、書こうね、自分。

 

東京事変 / 選ばれざる国民