雲を掴むような

主に本のことや自己満足の日記を書いています

1/5

早朝、東京に着いた。格安の4列シートで長時間夜行バスに揺られるのは何度経験しても辛い。帰省ラッシュのせいで一番安い便でも普段の1.5倍くらいの値段がしたし…商売上手は足元を見てきて嫌になる。優しくしてほしい。

 

とても疲れたのでゆっくり休みたかったのだが、友人がお泊まり勉強会を企画されてしまい、渋々行くことになった。勉強会とは名ばかりで、「出席を取らない哲学の授業に唯一真面目に参加している雲野さんに、テスト前なのでノートなどを見せてもらおうの会」なのが目に見えていて、それがとても嫌だった。泣きつかれると断れないこの性格をなんとかしたい…この前も八方美人で損をしていたじゃないか…

 

世の中の人間は都合がいいなぁと思う。自分の都合で、好き勝手授業をサボって「自己責任」を謳っているのに、最後は人にベタベタに甘えて…

私は人に頼る事は情けない事だと父に言われ続けて、全部「自己責任」の名の下に放置されて、その中で自分なりに頑張ってきたつもりだから、「とりあえず困ったら人に聞けばいいや」「なんだかんだ誰かが助けてくれる」という前提で動いている人を見るととても悲しい気持ちになる。苛立ちなども勿論覚えるが、それ以上に悲しいのだ。人に頼る事に対して苛立ちを覚える自分や、人に頼れなかった自分の人生を何かと比較して悲しさを覚えるのだ………

 

結果として自分の勉強にもなったし悪いことではないと思うのだが、少しモヤモヤが残る一日。明日のテストで100点を取ろう…

 

アーバンギャルド / 鏡屋さん