雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

1/11

10時くらいにゆっくり起きて、2時間ダラダラして、そこから一日バイト。帰りにうどんを食べたから、なんだかんだで帰ってきたのは夜の11時くらいだった。

 

うどん、安いし胃にも優しいし最近とても重宝している。家の近所にはないので乗り換え駅でよく食べるのだが、今のところ飽きる気がしない。いつもははなまるうどんだったのだけれど、今日はたまたま丸亀製麺が近くにあったので、丸亀製麺でかけうどんを食べた。丸亀製麺はネギを自由に乗せられるのが良い。私は玉ねぎと長ネギを讃える宗教に入信しているので、料理にはとりあえずネギを入れる。シャキシャキ感と風味が大好き……かけうどんをネギかけうどんにして食べた。300円程でとても良い外食が出来て満たされた気分になった。安い人間だと言われようといい。私は自分の舌が貧乏舌で良かったと思っているよ…安価で幸せになれるし、美味しいものを食べた時に一層幸福を感じれるし。

 

いつかお金持ちになったら、かけうどんで満たされるような事はなくなってしまうのだろうか。生物は新しい刺激に対しては過敏に反応するけれど、その刺激が日常的なものになった時は刺激に反応しなくなって、新しい刺激を求めようとするらしい。結局人間の欲望などないものねだりなのだ。だとすると、恒常的な幸せなんてものは無い………??

うどん食べただけで恒常的な幸せがあるかどうか考えるの馬鹿みたいだなぁ。うどんが安くて美味しければそれでいいじゃない…また香川行きたいな。

 

バイトでも、就活の話を聞かれて色々将来のことを話したら「考え過ぎだよw」と言われた。私からしたら今の大学生が考えるのを放棄している気がするが…きっと私が異物の側なのだろう…別に良いけれど。ルサンチマンをため込んで、いつか何か自分で納得のいくものを見出してやる…

 

家に帰ってから日記を書くつもりだったけれど風呂に入ってすぐに寝てしまった。いつもなら「気をつけよう」とか「がんばろう」って言っていたけど、別に頑張るものでも無いからいいや、と思えるようになった。成長!

 

ドミコ / てくのろじー