雲を掴むような

主に本のことや自己満足の日記を書いています

1/19

吉祥寺のマックで2時間くらい勉強してから、友達とお酒を呑んだ。最近お酒を呑んでばっかりだし「テスト期間」という名目で甘いものをたくさん食べていて良くない。正月太りの流れをダラダラと引きずっていて、2週間で2キロ位太ってしまった。スポーツジムでバイトしていた時は週に2回インストラクターとして運動をしており食べても太らなかったのだが、今は何も運動をしていないので顕著に太る。平均体重位まで痩せれてたのに………ダイエットをしよう。

 

友達とも痩せようという話をした。友達が成人式に行った時、友達の同級生が30キロ位痩せていたらしく、友達はその人の存在にすら気付けなかったらしい。気付かないほど別人になるという、劇的ビフォーアフター或いは仰天チェンジの世界って本当にあるんだと思った。その人の写真を見て、ホルモンバランスが…とか、ストレスが…とか、今までの生活習慣が…とか、結局全部ダイエットをしたくない言い訳でしかないのだと突き付けられた気持ちになった。人間その気になれば変われるのだ。きっと30キロ痩せたその人も、おデブ愛されキャラとして生き続けていく中で静かにコンプレックスと闘い続けてきたのだろう。1.2年間自分の生活を変えて耐え続けるって本当に凄い。私も頑張らなければと思った。

 

今日遊んだ友人と会うのは4、5ヶ月ぶりだった。自分が定期的に会う友達は人生で3人しか居なくて、その人とは5年来の付き合いで、どうしようもない話しかしなかったけど楽しかった。

(どうしようもない話・・・世の中の「性」が気持ち悪い話/「純猥談」なる浮気を正当化して語るサイトの話/高校の同級生が太り過ぎている話/ネタツイッタラーの話/Twitterなどにはこびるオタクくんとフェミの話/など……)

友達とは5年間ずっと世の中の気持ち悪さについてばかり話していて、幸せになりたいねぇと口癖のように言っていた。就職して社会に出てもずっとこのまま安い居酒屋でこんな話ばかりしているのかなぁと言っていたけど、5年前に学校の廊下のイスで同じような話をしていた高校の時と比べて、ずっと自由で幸せな生活が出来ているし、友達にはとても良い彼氏が出来ている。

今後の事は分からないし不安ばかりだけど、少しは大人になったのだなぁと数少ない昔からの友達とお酒を呑むとしみじみ思うのだ…

 

仲のいい友達と呑む時は、5時くらいに集まって9時前には必ず解散する。とても楽でいい。家に帰ったら、風呂に入る前にランニングをしよう。

アルコールを入れた後の運動は良くないのは重々承知だけれど、走りたい気分なのだ……毎日走ろう。毎日走るモチベーションを作りたいから今更だけどポケモンGOでも始めようかな。ダイアモンドパールの世代だからポッチャマ大好きなんですよね…

 

眉村ちあき / スーパードッグレオン