雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

1/23 テストと吠えたら叶う理論

テスト2つを無事にこなした。どちらのテストも先生の手抜きなのか優しさなのかは知らないが、今までの小テストの問題などをそのまま使ったものばかりで勉強して損をした気分になった。

どっちも手応え的に9割は絶対取れていると思うので一安心。成績を計算したら臨床心理の実習に行ける事が確定していて、今までの緊迫感が全部抜け落ちて少し泣いてしまった。明日も来週もテストはあるのだが………2年間ずっと「実習に行くためにはGPA3以上でなくてはならない」という縛りに苦しめられ続けてきて、それからようやく解放されたのだ。

よくよく考えたら学生は勉強するために学校に行っている訳で、しかも私がずっとやりたかった心理学を勉強している訳で。本当は当たり前に出来ていなきゃいけないことだし、これからも良い成績は取り続けなければならないのだけど、それでも、それでも「成し遂げた」という気持ちに溢れている…意識的にも無意識的にも自分を「できなきゃだめ」と追い込み続けていて、それで「できた」のだから少しくらい喜んでも良いですよね…

 

明日テストが終わったら忘れらんねえよのライブだ。大好きな柴田さんに会える…不器用だけれど、だからこそ一生懸命で、夢を掲げて努力を続けて、夢を成し遂げてきた人なのだ。そういう人が心から好きだ。

「吠えたら叶う理論」というものがある。Creepy Nutsオールナイトニッポンでクリピの2人、特にも松永さんが言い続けてきた言葉で、何か叶えたいことを公言すればそれが叶う、という理論。松永さんはこの理論で吠え続けて、DJの日本一になって、そのまま世界一になった。ついでに菅田将暉と曲を作ることになったり、大手企業とのコラボを実現させたりした。松永さんも柴田さんと同じ、不器用で卑屈で優しい人間で、だからこそ自分に厳しくて、「吠えたら叶う」と言い続けて逃げ道をなくして頑張ったのだと思う。リアルタイムで聴いていて鳥肌が止まらなかったし少し涙が出た。

吠えたら叶うのではなくて、吠えて逃げ場をなくして自分で叶える、が正しい言い方なのだろう。それを実現している人達、なんてカッコイイんだろう。それなのにみんな童貞なのは何故………?いや、だからこそ、なのだろうか……

 

私も不器用な人間だから、吠え続けたい。とりあえず、今はやるべきことをやる。あとひと頑張りしなきゃ…

 

 

忘れらんねえよ / 世界であんたがいちばんきれいだ