雲を掴むような

独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である

1/30

1日バイトをした。全然結果が出なくて社員さんに「今日サボってない?笑」と言われてしまいメンタルが折られてしまった。

サボったことなど無いし、今日は本当に結果が出なくて焦っていつもより必死にやったのだが、それでもダメで、挙句社員さんにまで言われてしまい、なんで自分はダメなのだ!と自意識が罵倒してきてとてもキツい。

 

どんなに自分が「私頑張りました!」といったとて結局私が今日1番結果を出せなかった人間である事は変わらないし、他の人がどんな頑張りをしたのか比べる事も出来ない。世の中は厳しいなぁと思った。

努力が結果に結びつかないということが往々にあるのは分かるが、「結果が出てない=努力をしていない」に繋がるのはなんとも悲しい。勿論努力の仕方を間違ってるとか努力の量が足りないなどの原因もあるのだが、それだけでは片付けられない要因も沢山あると思うので…そういうところを埋めるまでの努力をして、始めて努力なのだろうか。そもそも努力って何………??

 

世の中は頑張ってもうまく行かないことは沢山あって、その度に結果論で苦しむ人が大勢いるのだろう。「別に他人になんと言われようと自分がやり切ったと思えればいいよ」なんてよく言われるが、大学に落ちてしまった人は大学に行けないし、契約が取れなかった人は契約が取れてないし、1位になれなかった人は1位になれなくて、それはやはり相対的な評価で苦しんではしまうと思うのだ。私が弱いからとかではなく全員が……

 

このバイト向いてないかも!キツい。今まで色んなバイトをしてるから分かる。営業とかのバリバリの結果社会は弱メンタルの自分に向いてない。圧倒的に稼げるバイトだけど、前のバイトの方がずっと楽しくてやりがいがあったなぁ。

初めてまだ1.2ヶ月の新人なんだからこんな所で挫けてはダメだいう気持ちと、お金が必要だという事実と、辞めて楽になりたいという気持ちが混ざり合ってとても困った状況。

 

これからの世界はITとかAIの発達でより数式的で結果論的になっていくのだろうか。とても怖い。AIにいろんなものが奪われていって、とても世の中は冷たくなるのだろう。そんな世の中だからこそ過程や努力を大切に出来る優しい人になりたいなぁと思った。人間が人間であるために…

 

次のバイトはもっと頑張ろう。いつか後輩がボロボロの結果を持ってきても「私も始めた頃は凄い大変だった」と言えるくらいにこなせるようになりたいね…

 

Mom / ハッピーニュースペーパー