雲を掴むような

ハタチ。 弱い。人生をブログにしています。

4/3

本格的にバイトが出来なくなってきて不安だったので、今住んでる施設のマネージャーさんにお願いして事務作業をさせてもらう事になった。時給分の給料を家賃から天引きしてくれるとのことで、103万ギリギリまで稼ぐ予定だった身としてはとても嬉しい。扶養を外れると何かと面倒なので……

ただ正式な雇用契約を結んでいない分、時給換算すると時給1000円で東京都の最低賃金を下回っていたりだとか、次来てもらう時までにこれ作っておいてなどという残業を課したりだとか、指示が曖昧なのに理想通りの仕事をこなせないと小言を言われたりだとか、色々と嫌な部分がある。このご時世でうだうだ不満を宣えるほどの余裕が私には無いのだが…でもやはり雇用主と就業者では就業者側が言えない事も多々あるわけで、そういうのを加味して言葉を掛けてくれない様では人として浅はかだと思った。本格的な「パワハラ」を初めて受けている……今まで自分の周りにいた上司は割と良識があったのだなぁと実感した。人の上に立つという事は下の信頼が前提な訳で…高校の時にそういうことをひしひしと思ったので、権力に感けて偉そうにしている人がとても嫌い。私は優しい人になりたいな…

1ヶ月は頑張ってみるけど、それでも心的負担が大きい様なら引っ越そう。もうめちゃめちゃ引っ越ししたいですが…

 

そういえば一昨日、創価学会の方からめちゃめちゃな勧誘を受けて「熱!」となった。私は人が何かに狂信している様を遠くから観るのが好きだ。不謹慎なのかもしれないが、カルト宗教やその類の団体に関する本を読むのが好き。私は漠然としたものを信じれる程素直な人間ではないので気持ちは分からないのだが、だからこそ信じる者は救われるって本当だと思うから。

私は何故か宗教にめちゃめちゃ誘われる。外国人にも声を掛けられやすい。カレーの宅配で迷子になっていたネパール人のお兄さんを助けた時に、「あなたは声を掛けやすい顔をしている」と言われた(本当の話)ことがある。そういう顔らしい。深夜バスで何故か私にだけ「家族を守るお札」を渡されたり、道を聞かれたと思ったらお茶に誘われ、やんわり断ったら「ハッピーいきいき生きる会」という会合のチラシを貰ったり、めちゃめちゃ分厚い旧約聖書を貰ったり、左翼の方に泣きながら説教されたり、、半年に一回くらいのペース(それ以上かもしれない)で思想の強い方にお会いさせて頂くんですよね…

きっと田舎者な顔をしている上に「すみません」と言われると返事をしてしまうのが悪いのだろう…その後バッサリ断るの苦手だし…東京に来て世の中の人は優しい人ばかりじゃないと分かったので最近気を付けており、しばらく彼らと縁遠い生活をしていたので、久しぶりの宗教勧誘は胸が熱くなった。

自民党はダメなんです(号泣)コロナはアベの策略なんです(憤怒)公明党は〜(満面の笑み)」という喜怒哀楽の篭った熱い演説を受け、この人も大変なんだなぁと染み染み思った。カウンセラーの勉強をすると大変な人の話を聞く事に慣れてしまうし、向こうが話しやすい様な態度も取れてしまうので、うんうんと聞いてしまった。3分くらい話を聞いた所で疲れたので「考えときます^_^」と言って帰った。

 

最近良いことがないなぁ…海を眺めに行きたい…

 

ラブリーサマーちゃん / 海を見に行こう