雲を掴むような

主に本のことや自己満足の日記を書いています

6/16

3時間ほど母と話をした。思っていたより遥かに、というか父に聞かされていたより遥かに、母は冷静でちゃんとした話ができ、とても困惑してしまった。父は私に「自分は被害者だ」という観点で話していているのが分かって(分かってはいたが)、やはり父にも大きな問題があるんだと思った。

母は父の短気で自分勝手なところに飽き飽きしていて、若い頃は何度も離婚を考えていたが、今は「あの人はそういう人だから」という諦めで関わらないように生きていたらしい。父には「もう少し優しくして欲しかったな」という感情だけで、今の生活に沢山不満はあれどある程度自分の生き方も見出していて、今の家やペット達に愛着があるから今の所は離婚する気はないのだそうだ。父に躁鬱の波があり、コロナによる仕事の問題と子育て終了が重なっていて、完全にダメになっているので、そういう時期が終わったらゆっくり話したい、ということを言われた。これだけ聞いたらよっぽど大人だ。話しながらボロボロ泣いてしまった。

 

父は「母は何もしない」というし、母は「父は何もさせてくれない」という。母のパニック障害が先なのか、父の性格が先なのかと言われれば本当にどちらでもないんだよな…勿論私も父に言いたいことは沢山ある。それは今改めて書くまでもないが。父がもう少し優しければこんな事にはならなかったと思っているからどうしても母の味方でありたい。でも母は母で私に隠している部分、自分を正当化している部分が恐らく沢山ある。うんざりする。何故大人なのにお互いに認め合えられないのだろうか。大人だからだろうか。いや、人間なんて大人になってもこんなものなんだろうな。

 

父に電話をして今日母と話した事を全て話し、「父にも沢山問題があることを自覚してほしい」と言ったら「もうそういう段階ではない」と言われてしまった。明日父と母だけで話すらしい。

父が改心するとか、母が行動するとか、そういう段階では無いとは自分自身も思っている。けど母は父が鬱のピークにいる事を分かっていて、だからこそ冷静な時に話したいし改善の余地があると信じていて、でも父はもう取り返しの所まで来てしまっている、そんな望まない形での離婚調停になりそうだ。ペットの親権の問題とかも上手く話し合えないだろうから、最悪家庭裁判所行きだ。本当に一番望まない形だ。もう嫌だ(;_;)別に離婚を止めたかった訳では無いけど、お互い認めあった上で別々の道を歩んで欲しいよ…そしたらたまに家族でご飯とか出来るし、結婚式も呼べるから…

 

決裂して万が一どちらかが刃物を持って殺してしまったら、そのまま私まで殺されるかもしれないと思って一応部屋にフライパンだけ置いておくことにした。明日更新がなかったら死んだと思って欲しい…そして友達はこのブログを完全に削除して下さい…部屋のメモ帳にIDとパスワード書いてるので…換気扇の上に合鍵があります。

DEATHNOTEの爺や(名前忘れた)みたいでウケるね。よろしくお願いします。

 

 

starrrrrrr / [Alexandros]