雲を掴むような

二十歳の原点、卒業式まで死にません、八本脚の蝶

6/17

昨日殺されるかもと書いたけど、とりあえず生きています。ご心配お掛けしてすみません…

父と母は2人で話したが、案の定上手くいかなかった様だ。私が介入しようと思ったが、母は感情的でもう話したくないと言われたし、父もあまりにも一方的だし、もう絶望的な感じだ。弁護士にお世話になるかなぁ…弁護士費用使うくらいなら私に金欲しいのだが…………祖父母の遺産の生前贈与など、色々「大人(笑)」な部分でも揉めているようなのでもう私自身にもどうしようもない。

短気で自己中でモラルのない父、ヒステリックで心配性で社会性の無い母、本当によくここまでやってこれたものだ。何故結婚した?と思う。お互い24歳で結婚してるし、正直お察しなのだが…

 

我々子供たちも本当に迷惑をかけられている。私は私でもう精神的に死にかけているし、妹も本当に心配していて毎日LINEをしてくる。妹が上京した瞬間にこういう話をするの、本当に父の悪い所だ。自分のターニングポイントである、という所にしか目を向けられず、妹の新生活の不安であったり私自身の葛藤であったりについて全く考えていない。育ててくれたことに感謝はあるが、こういう人間には絶対になりたくないなと思っている……

犬もずっとソワソワしている。私たちの様子がおかしいのが分かるのだろう。迷惑かけてごめんね…と呟いてなでなでしてたら泣きそうになってしまった。本当に迷惑…………

 

もう夕ご飯で顔を合わせたくないのだろう、父は母に何も言わず「友達とご飯食べてくるから母と2人で夕飯食べて」と言い家を出ていき、母は父に何も言わず「友達とご飯食べてくるから父と2人で夕飯食べて」と家を出ていった。何も言わずおっけーと言ったので私は家で1人きり…

父と母を2人に出来ないから家の外に出れないけど、家に居ることが本当に苦しかったので今は割と楽。全然お腹が空かないし何か作って食べる気力も無いのでゼリーを食べた。痩せるね。

 

こんなに精神を削ると思っていなかったよ。こんなに長引くとも思わなかったし。せっかく帰省してるんだし早く友達とご飯にでも行きたい……

 

眉村ちあき / 大丈夫