雲を掴むような

二十歳の原点、卒業式まで死にません、八本脚の蝶

6/18

今日も話し合いが進まず、絶望的な空気が実家に漂っている。早く家を出たい。

母が色々な知人に相談をしているようで、私の心配を凄いされる。「あなたは子供なんだから怒っていいんだよ」「悪いのはあなたじゃないよ」なんて沢山言われて泣きそうになり、私自身も精神的にかなりやられているんだなと気づく。

明日、母は友人に連れられついに離婚の相談所に行くそうだ。私もその方がいいと思うので少し安心している。ここ1週間ではっきりしたが、父は完全に母親を見下しており、対等な人間として見ていない。これが根幹にある全ての原因なのだ。父は異常なほどプライドが高く、世の中のほとんどの人を見下し、自分の決定が全て正しいと思っている人間で、それに自分自身が気付けていない。母にも色々問題があると聞いていたが、結局それが全ての原因なんだとここ最近ではっきり分かった。殺されそうだから直接は言えないけれど。周りを見下しているから、当然怒ってくれる様な本当の意味での友達みたいなものを作れなくて、周りに凄いね凄いねと言われて、気付けば取り返しのつかないところまでいってしまったのだろう。

 

母の性格に似て、そして身近で反面教師を見て来てよかったなぁと思う。人に優しく、痛みの分かる人間になろう。常々思う。