雲を掴むような

主に本のことや自己満足の日記を書いています

8/28

夏の暑さも過ぎ始め…なんて前回の日記で書いた様な気がするが、自分の思い過ごしでしかなかった様で今日も全然暑い。夏が息を吹き返している。かわいい白Tシャツを4枚SUZURIで購入し、これで夏もお洒落できるぞと張り切っていたのに先日一番お気に入りのTシャツ(大きい犬撫でたいクラブと書いている)に蕎麦の麺つゆを溢してしまい、もう自分は夏に生きるモチベーションを完璧に失ってしまっている。そろそろ秋にバトンタッチして欲しい。

 

この4日はずっとアニメを観ていた。今日でCLANNADを一期二期全部観終え、何というかもう、本当に情緒が不安定になっている。渚の笑った顔を見たりだんご大家族の歌を聴いただけで目から涙が流れる体質になってしまった。それくらい良かった。本当に感動した。今まで観たアニメの中で一番良かった。CLANNADのテーマが「家族」で、自分が人生で最も悩んでいるテーマだからということもあるんだろうけど、「クラナドは人生」ってネットで言われている意味がはっきりとわかりました…

人生における日常とは偶然が重なった奇跡のもので、血が繋がっている云々ではない大切な人が、大切な人に幸せになって欲しいと願う気持ちを原動力に動いているというか…漫画「日常」の笹原先輩もそんなこと言ってたなあ…普段人間の負のエネルギーに目が行きがちだけど、誰かを想って動いてる正のエネルギーって確かに存在して、そのエネルギーに自分は生かされてきているのだと、CLANNADを観て、思いました…(思い出して泣いてる)

性欲ではない、本当にその人に幸せとなってもらいたいという想いからくる愛の存在に気付けた感じがします。自分も人の幸せを願える人でありたいと思ったし、自分を人として成長させてくれる様な恋をしてみたいと思いました。とても恥ずかしい話ではあるのですが、本当にそう思ったのでそう書いておきます…